2017年4月22日 (土)

マテリア装着費用計算機(ブラウザ版)

前回のバージョン から3年・・・やっと新バージョンを完成させることができました。(すごい今更感がありますが・・・)

⇒計算を開始する

前回のバージョンとの相違点:

  • 前バージョンはWindows用アプリケーションでインストール作業が必要でしたが、 今回のバージョンはブラウザ上で動作し、インストール不要です。

  • 前バージョンはマテリガまでのマテリアしか考慮していませんでしたが、今回のバージョンではマテリジャまでを考慮しています。

  • 前バージョンは一覧にある装備から選択するようになっていましたが、今回のバージョンでは装備ではなく上げたいステータスとその値を選ぶようになっています。
    結果的に入力の手間が若干増えていますが、前回のバージョンの悩みどころであった新しい装備への対応に苦慮した結果です。 どうかご了承ください。

動作環境について

以下の環境での動作確認をしています。これら以外の環境でもたぶん動くとは思いますが、もし確認をされた方がおられましたら(OKでもNGでも)この記事にコメントを残してもらえると嬉しいです。

  • オペレーティングシステム:
    Windows 10(64bit)
  • ブラウザ:
    Chrome, Internet Explorer 11, Microsoft Edge

FF14ももう4.0が間近で、たぶんマテリジャの上位の新マテリアも実装されるのではないかなと推測していますが、 今回のバージョンではその辺も考慮していますので、もし新マテリアが実装されてもそんなに時間をかけずに公開できる・・・と思います。


2017/06/20追記

現在、4.0に対応作業中です。 2017/07/02に対応作業を完了しました。

以下に対応状況について説明します。

  • コールマターが不要になった。
    ⇒対応済み。
  • マテリアの効果が一部変更になった。(剛柔、信力、天眼)
    ⇒対応済み。
  • マテリジャの上位であるハイマテリジャが実装された。
    ⇒ほぼ修正を終えていますが、ハイマテリジャの禁断成功率が不明で作者もまだ実験できる状況にないため、暫定措置としてハイマテリジャの禁断を使った組み合わせは計算の候補に入れないようにしてあります。
    IL290未満の装備についてはハイマテリジャがそもそも装着できないため今まで通り計算できます。

    ⇒2017/07/02対応済み。情報を提供してくださった方々、どうもありがとうございました。

ハイマテリジャの禁断を試してみたぞ!という方がおられましたら、どうか禁断の成功率を(装備のHQ/NQを添えて)教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

2017年1月14日 (土)

クラフターのスキル回しのまとめ 【パッチ3.4、~Lv60レシピ対応】

クラフターのスキル回しのまとめ 【パッチ3.4、~Lv60レシピ対応】

【目次】

【はじめに】

Lv60以下のレシピで使えるスキル回しについて説明します。
クラフターレベルがLv50以上必要です。

Lv51以上のレシピの実装からずいぶん経っていて今更という感もありますが、 Lv60★以上のスキル回しを覚える前にメモとして残しておきたいと思い、書くことにしました。

このスキル回しは非常に柔軟でレシピLv60までのすべてのレシピに対応可能ですが、 逆にその場の状況により対応を判断しなければいけない箇所がいくつもあります。
まず、全体的な流れを説明して、その後に具体例を示します。 全体的な流れについては読み飛ばしていただいても構いませんが、読んでいただけるとスキル回しをより理解できると思います。

【必要アディショナル】

木工師 ビエルゴの祝福(Lv50)
鍛冶師  
甲冑師 ピース・バイ・ピース(Lv50)
彫金師 イノベーション(Lv50)
革細工師  
裁縫師 模範作業II(Lv50)
錬金術師 秘訣(Lv15)、 コンファートゾーン(Lv50)
調理師 ヘイスティタッチ(Lv15)、 ステディハンドII(Lv37)、 リクレイム(Lv50)

【スキル回しの流れ】

以下の3つのフェーズを順に実行します。

[フェーズ1(準備)]

以下の順で実行します。

1 コンファートゾーン
2 インナークワイエット
3 ステディハンドII

途中で高品質または最高品質になった場合は秘訣を実行します。

[フェーズ2(工数&品質上げ)]

一番説明が難しいフェーズです。

フェーズ3に移行できる条件を維持しつつ、以下をできるだけ繰り返します。

  • ステディハンドIIを維持する。
  • 工数を必要工数達成寸前(あと1回の模範作業IIで達成というところ)までもっていく。
  • ヘイスティタッチ(CPに余裕があれば加工/集中加工)で品質を上げる。
  • マスターズメンド/マスターズメンドIIで工数を回復させる。
  • 高品質以上で(ステディハンドIIがかかってないなどの理由で)集中加工/加工が使えない場合は秘訣を使う。

工数やCPを減らしすぎてフェーズ3の条件から外れないように注意してください。

[フェーズ3(最終処理)]

このフェーズには、残り工数が20、残りCPが74以上必要です。
ステディハンドまたはステディハンドIIが残り3未満の場合、最初にステディハンドを実行します。この場合CPが更に22必要なので、合計96必要です。

以下の順で実行します。

1 グレートストライド
2 イノベーション
3 ビエルゴの祝福
4 模範作業II

以下の点に注意してください。

  • 途中で高品質または最高品質になっても秘訣/加工/集中加工を実行してはいけません。
  • イノベーション実行前に状態が高品質または最高品質だったら、イノベーションを飛ばしてビエルゴの祝福を実行します。
高品質の場合はイノベーションをしてもしなくてもその後のビエルゴの祝福の品質上昇量は同じです。
最高品質の場合、次のビエルゴの祝福のタイミングで低品質が来ることが確定してしまうので、それを回避するためにイノベーションを飛ばさなくてはなりません。

【耐久80レシピの場合】

以下の順で実行します。

必要CPは335です。

[工数&品質上げ]については後述します。

1 コンファートゾーン
2 インナークワイエット
3 ステディハンドII
4 [工数&品質上げ]
5 [工数&品質上げ]
6 [工数&品質上げ]
7 [工数&品質上げ]
8 [工数&品質上げ]
9 ステディハンドII
10 [工数&品質上げ]
11 マスターズメンドII (高品質以上なら次の[工数&品質上げ]と順序を入れ替え)
12 [工数&品質上げ]
13 [工数&品質上げ]
14 [工数&品質上げ]
15 ステディハンドII
16 [工数&品質上げ]
17 [工数&品質上げ]
18 [工数&品質上げ]
19 ステディハンド
※これ以降秘訣禁止 残り工数が20、残りCPが74以上必要
20 グレートストライド
21 イノベーション (高品質以上なら飛ばして次のビエルゴの祝福から実行する)
22 ビエルゴの祝福
23 模範作業II
[工数&品質上げ]について
ピース・バイ・ピース/模範作業II/ヘイスティタッチを実行します。 工数はあと1回の模範作業IIで必要工数を達成する、というところまで持って行ってください。
CPに余裕があればヘイスティタッチ集中加工(なければ加工)に置き換えて実行します。
CPに余裕があって高品質以上なら工数上げよりも集中加工(なければ加工)を優先して実行します。
注意事項
秘訣を実行するとステディハンドIIのタイミングがずれることがあるため、 結果的にステディハンドIIをより多く実行しなければならないことがあります。
グレートストライド以降に必要なCPを確保し損なわないように注意してください。

【耐久70レシピの場合】

以下の順で実行します。

必要CPは313です。

1 コンファートゾーン
2 インナークワイエット
3 ステディハンドII
4 [工数&品質上げ]
5 [工数&品質上げ]
6 [工数&品質上げ]
7 [工数&品質上げ]
8 [工数&品質上げ]
9 ステディハンドII
10 [工数&品質上げ]
11 マスターズメンドII
12 [工数&品質上げ]
13 [工数&品質上げ]
14 [工数&品質上げ]
15 ステディハンドII
16 [工数&品質上げ]
17 [工数&品質上げ]
※これ以降秘訣禁止 残り工数が20、残りCPが74以上必要
18 グレートストライド
19 イノベーション (高品質以上なら飛ばして次のビエルゴの祝福から実行する)
20 ビエルゴの祝福
21 模範作業II
[工数&品質上げ]について
ピース・バイ・ピース/模範作業II/ヘイスティタッチを実行します。 工数はあと1回の模範作業IIで必要工数を達成する、というところまで持って行ってください。
CPに余裕があればヘイスティタッチ集中加工(なければ加工)に置き換えて実行します。
CPに余裕があって高品質以上なら工数上げよりも集中加工(なければ加工)を優先して実行します。
注意事項
秘訣を実行するとステディハンドIIのタイミングがずれることがあるため、 結果的にステディハンドIIをより多く実行しなければならないことがあります。
グレートストライド以降に必要なCPを確保し損なわないように注意してください。

【耐久40/35レシピの場合】

以下の順で実行します。

必要CPは334です。

1 コンファートゾーン
2 インナークワイエット
3 ステディハンドII
4 [工数&品質上げ]
5 [工数&品質上げ]
6 [工数&品質上げ]
7 マスターズメンド
8 [工数&品質上げ]
9 ステディハンドII
10 [工数&品質上げ]
11 [工数&品質上げ]
12 マスターズメンド
13 [工数&品質上げ]
14 [工数&品質上げ]
15 ステディハンド
※これ以降秘訣禁止 残り工数が20、残りCPが74以上必要
16 グレートストライド
17 イノベーション (高品質以上なら飛ばして次のビエルゴの祝福から実行する)
18 ビエルゴの祝福
19 模範作業II
[工数&品質上げ]について
ピース・バイ・ピース/模範作業II/ヘイスティタッチを実行します。 工数はあと1回の模範作業IIで必要工数を達成する、というところまで持って行ってください。
CPに余裕があればヘイスティタッチ集中加工(なければ加工)に置き換えて実行します。
CPに余裕があって高品質以上なら工数上げよりも集中加工(なければ加工)を優先して実行します。
注意事項
秘訣を実行するとステディハンドIIのタイミングがずれることがあるため、 結果的にステディハンドIIをより多く実行しなければならないことがあります。
グレートストライド以降に必要なCPを確保し損なわないように注意してください。

【具体例】

実際に製作をした例を挙げます。
製作者はLv60調理師で最大CPが334、製作対象はLv59マロングラッセ(耐久70、必要工数919)とします。

まず、試しに模範作業IIを実行してみます。
その結果、工数が186上昇したので、 模範作業IIのみで必要工数を達成するためには 919 / 186 = 4.94 により模範作業IIを合計5回実行する必要があることがわかります。

一方、最初にピース・バイ・ピースを実行した場合、工数の上昇値は 939 / 3 = 306.33 により306となります。 残りの工数 919 - 306 = 613 を達成するためには 613 / 186 = 3.30 により模範作業IIを4回実行する必要があります。 もし工数上昇アクションの合計回数が減ればその分品質上昇アクションの回数が増やせるのですが、そうなってはいないので、 消費CPの少ない模範作業IIを5回実行する方を選ぶことにします。

また、耐久70レシピの場合の最低CPは313で、21だけ余裕がありますので、 集中加工/加工を1回だけ入れることができます。

これらのことから、具体的な手順が以下のように決まります。

1 コンファートゾーン
2 インナークワイエット
3 ステディハンドII
4 模範作業II
5 模範作業II
6 模範作業II
7 模範作業II
8 ヘイスティタッチ
9 ステディハンドII
10 ヘイスティタッチ
11 マスターズメンドII
12 ヘイスティタッチ
13 ヘイスティタッチ
14 ヘイスティタッチ
15 ステディハンドII
16 ヘイスティタッチ
17 ヘイスティタッチ
18 グレートストライド
19 イノベーション (高品質以上なら飛ばして次のビエルゴの祝福から実行する)
20 ビエルゴの祝福
21 模範作業II

最後以外の模範作業IIで高品質以上になった場合は代わりに 集中加工(なければ加工) を実行し、どこかのヘイスティタッチ模範作業IIに入れ替えます。

ヘイスティタッチで高品質以上になった場合は代わりに 集中加工(なければ加工)を実行します。
ただし、集中加工/加工を実行する回数は合計1回までです。

最後のヘイスティタッチの時点で 集中加工/加工 をまだ1回も実行していないなら、高品質以上かどうかによらず 集中加工/加工 を実行します。

なお、秘訣を実行した回数分だけ集中加工/加工の回数を1回増やすことができます。

【最後に】

このスキル回しでどれだけ安定してHQ品を製作できるかは、どれだけ多くのヘイスティタッチ集中加工/加工に置き換えることができるか、にかかっています。
集中加工/加工の回数を増やすためには、CPを増やす食事をとる以外には秘訣をより多く実行する必要があり、要するに運次第ということになります。
グレートストライドの時点で、インナークワイエット のスタック数が不足していると感じたら、 リクレイム&ヘイスティタッチ連打でわざと失敗し、 再挑戦するのもいいでしょう。

2016年1月26日 (火)

マテリジャの禁断成功率

禁断でマテリジャを装着しようとした場合の成功率がどの程度か気になって調べたのですが、具体的な成功率の情報を見つけることができなかったので、自分で実験することにしました。

まぁ、この数値を見たら確かに禁断しようとか思わないよね・・・

1回目 2回目 3回目 4回目
NQの場合 12% 6% 3% 2%
HQの場合 17% 10% 7% 5%

実験に使ったマテリジャと装備は自力で用意できなかったのでマケで買いました。こういうことをしてるからお金が貯まらないのですよね・・・・・orz
頑張って売らねば;;


【参考】マテリジャ装着時のスクリーンショット

≪NQ装備に装着した場合≫

NQ装備 禁断なし NQ装備 禁断1回目 NQ装備 禁断2回目 NQ装備 禁断3回目 NQ装備 禁断4回目

≪HQ装備に装着した場合≫

HQ装備 禁断なし HQ装備 禁断1回目 HQ装備 禁断2回目 HQ装備 禁断3回目 HQ装備 禁断4回目

2015年8月13日 (木)

ステータス毎の最適な食事のまとめ 【パッチ3.05対応】

【はじめに】

現在のステータス値によって最もステータス上昇量が高い食事は変わりますが、上昇量の計算が面倒です。
そういう場合のために、どの食事を選べばいいかをアドバイスしてくれるアプリを作ってみました。

 

【使い方】

上記の画面に以下の手順で入力してください。

  1. NQの食事のみを表示したい場合は、「HQの食事を含めない」を指定します。
  2. 「最も上げたいステータス」と「できれば上げたいステータス」から、上げたいステータスを選択します。「できれば上げたいステータス」は指定しなくても構いません。
  3. 「現在の????の値」に、現在の該当するステータス値を入力します。
  4. 「食事を探す」ボタンを押すと、希望のステータスの上昇値が高い食事が最大で10件+α表示されます。

【対応パッチ】

パッチ3.05に対応しています。

【注意事項】

  • 動作確認は以下の環境で行っております。
    • OS:Windows 8.1
    • ブラウザ: Google Chrome、Interne tExplorer 11
    作者の環境では他のOSやブラウザでの確認はできませんので、もしこれらの環境以外で表示した結果を連絡していただけるとうれしいです。
  • 不具合などを見つけた方がおられましたら、お手数ですがブログにコメントをください。対応できないこともありますが、できるだけ対応させていただきます。
  • 万が一、本アプリで得た結果を利用して(ゲーム内/ゲーム外によらず)何らかの損害を被っても、作者は責任を負いかねますので、ご了承ください。

【開発に使用したデータ】

【その他】

過去の記事でも同様に食事について書きましたが、こちらの方はアプリではなく表でまとめていました。
今回「蒼天のイシュガルド」に対応にあたり、過去の記事と同じ方法でまとめると表の修正が非常に面倒であると思われたため、FLASHのお勉強中であったこともあり、今回はFLASHアプリで組んでみることにしました。
しかし、FLASHで組んだら結果として更に面倒だったような気がします・・・orz
でも以後のアップデートではプログラムはいじらなくてもいいから楽ができるはず・・・多分

この開発のために夏イベがほったらかしになっていたのですが、ようやく始めれます。
スットコ姫に挑戦するのは今回が初めてなので楽しみです。

2014年9月 2日 (火)

3分でわかるFF14英会話

すみません、タイトルは嘘です(爆)

いきなりですが、外国の方とPTを組んだ時のチャットでの意思伝達方法についてまとめてみたいと思います。
内容を既にご存知の方も多いと思いますが、黄道本のお題のFATEの待ち時間があまりに暇なので暇つぶしにまとめてみました^^;

なお、例文は相手が英語(E)を利用している場合のみ示していますが、ドイツ語(D)でもフランス語(F)でも理屈は同じです。

1) 定型文

定型文はキーボード入力が苦手な人でも比較的簡単に入力でき、入力した内容はそのまま外国の人にも通じます。

例えば日本語でこんにちは と挨拶を入力しても、相手にもそのままこんにちは と表示されてしまい、日本語が読めない人には意味が解りません。

一方、定型文でこんにちは と入力すると、相手にはこんにちはとちゃんと読めるように表示されます。

2) ターゲット対象を説明したい場合

<t> という代名詞はマクロで使うことが多いですが、普通のチャットでも使えます。

たとえば、盾さんにある敵のタゲを奪ってほしい場合、対象の敵をターゲットして Photo_14 と入力します。
すると、 日本語ではPhoto_15 と表示され、 英語ではPhoto_16 と表示されます。

ちなみに、<2>という代名詞はパーティーメンバーリストの上から2番目の人を指します。 相手がリストの何番目にいるかで番号を変えてください。1番目が自分自身です。
話す相手が日本語がわかる場合でも、綴りがややこしい名前のときはこの代名詞を使うと素早く入力できて便利です。

3)場所を説明したい場合

代名詞<pos>やマップリンク機能を使います。

例えば自分の現在位置への集合を呼びかけたい場合、Photo_17 と入力します。
すると、日本語ではPhoto_18 と表示され、英語ではPhoto_19 と表示されます。

マップリンク機能を使用した場合も理屈は同じです。

4) アイテム名を説明したい場合

所持品あるいはSHOP、マーケットボードなどのアイテムを選んで表示されるメニューから「基本性能を伝える」を選びます。

例えば、チョコボを呼び出すためのアイテムはどこから購入できるかを聞かれたら、購入できるNPCをターゲットしてPhoto_20 と入力します。
<item>の部分は「基本性能を伝える」メニューを選ぶと自動的に入力されます。<item>と自分で入力してもうまくいきませんので注意してください。
そうすると日本語ではPhoto_21と表示され、 英語ではPhoto_22 と表示されます。
アイテム名が日本語で表示されてしまっていますが、このアイテム名をマウスなどで選ぶと以下のようなポップアップウィンドウが表示されるので、何とかわかる・・・はずです・・・・たぶん。

Photo_24

2014年6月13日 (金)

【追記あり】ストンスキンとプロテスを白魔道士に任せた方がいい理由

2015.08.24追記:
FF14 3.0での仕様変更により、ストンスキンとプロテスは誰がかけても一緒の効果となりました。
参考のために本記事は削除せずにおきますが、ご注意ください。

私のメインジョブは(一応)白魔道士なのですが、4人IDでナイトさんと一緒になった時や、8人以上のIDで学者さんと一緒になったとき、たまにプロテスやストンスキンを手伝ってくれることがあります。
気持ちはありがたいと思うのですが、
白魔道士のプロテス(あるいはストンスキン)の方が効果が高いので、白魔道士がいるときは白魔道士に任せてください
とお断りすることにしています。
ただ、その根拠を説明する時間がなかったり、相手の方がチャットを見逃しているせいか話が通じてなかったりすることもよくあるので、ぐぐって引っかかることを期待してどうして白魔道士に任せた方がいいのかをこの場で説明したいと思います。 理由を既にご承知の方はお読み飛ばし下さい。

なお、ストンスキンとプロテスに関するTraitsの恩恵を受けるのは厳密には白魔道士のみではなく白魔道士と幻術士なのですが、説明を簡単にするために白魔道士に話を絞っています。ご了承ください。


まず、白魔道士のプロテスとストンスキンの効果は以下の通りです。
白魔道士のプロテスの効果 白魔道士のストンスキンの効果

次に、白魔道士以外のプロテスとストンスキンの効果です。
白魔道士以外のプロテスの効果 白魔道士以外のストンスキンの効果

説明を読み比べてみると若干効果が違うのがわかると思います。簡単に言うと以下の違いがあります。

プロテス ストンスキン
白魔道士 魔法防御力もUPする。 最大HPの18%までのダメージを防ぐ。
白魔道士以外 魔法防御力はUPしない。 最大HPの10%までのダメージを防ぐ。

どうしてこんな違いが出るかというと、原因は白魔道士が習得できるTraitsにあります。
Traits_プロテス効果UP_の効果 Traits_ストンスキン効果UP_の効果
これらのTraitsのために白魔道士のプロテスとストンスキンは他の職が使った場合より効果が高いものになります。
もしあなたが学者かナイトで、PT中にあなたがかけたストンスキンを白魔道士がムキになって上書きしまくっている場面に出遭ったら、おそらくこういう事情のためです。
プロテスの場合はバフステータスのアイコンが違っていてわかりやすいせいか白魔道士がかけたものとそれ以外の職がかけたものとで効果が違うというのは割とよく知られているようですが、ストンスキンの場合は知らない人もよくいるようです。


長くなりましたが、要するに少なくとも開幕時など白魔道士に余裕があるときはストンスキンとプロテスは白魔道士に任せておけばいいということです。
もちろん、白魔道士に余裕がない場合や、レベルシンクを受けて白魔道士がストンスキンを使えないなどの場合はまた別の話です。
たとえば、Lv33以下の白魔道士はストンスキンが使えませんので、もしあなたがストンスキンを使えれば代わりにかけてあげるときっと喜ばれます。ただしMPが不足したりして以後の行動に支障がない範囲で^^;

2014年4月25日 (金)

クラフターのスキル回しのまとめ 【パッチ2.3、★3レシピ対応】

【はじめに】

★3のレシピの製作をするようになってしばらく経ったのですが、いろいろなスキル回しが公開されているようです。
どれにも共通しているのは多くの種類のアディショナルを必要とするということで、これらのスキル回しを使えるようにするとアディショナル枠が足りなくなり、今度は今まで使っていた★2以下のレシピのスキル回しが使えなくなってしまう、ということが私のところではたまに起きています。
そこで、自分が使っているスキル回しに全部見直しをかけ、アディショナルが枠内に収まるようにしました。

見直しをかけた各種のスキル回しを以下のリンク先に掲載します。これから★3レシピの製作をしようとされている方は参考にしてください。

【注意事項】

  • ここで紹介するスキル回しはすべて以下のステータスで確認をしています。何れも素の状態の数値で、スキル回しによっては更に食事などによるブーストが要ることがあります。
    • 作業精度:391
    • 加工精度:374
  • 全部のスキル回しを通じて使用するアディショナルの数を枠内に抑えることが最優先目標のため、個々のスキル回しでは若干非効率的な回し方をしている個所があります。

【参考にしたもの】

2014年4月12日 (土)

アートマドロップタイマーとか作ってみました

遅ればせながらアートマ集めを始めてみました。 しっかし出ないこと出ないこと;;

あまりに出ないのでFCの人に愚痴ってたところ、出る場所と時間に何か法則性があるんだとか。

ほんとかなーと思いつつ調べてみたのですが、アートマの迷信 確定版というブログによると、エオルゼア時間の月や日、時間に属性があって、それとアートマの星座が合っていると出やすいみたいなんだそうです。

エオルゼア時間って今は時間と分しか見れないけど、新生になる前は月日や月齢もゲーム内で見れたような覚えがあります。今でも内部的にカウントはされているけど直接見る方法がないだけなのかな。

何はともあれ、その情報をもとにFATEやって出やすかったって人が結構いるようなので、私も本腰を入れてみることにしました。でもアートマと星座と属性の対応づけが面倒くさい・・・orz



というような経緯を経て、アートマのドロップが今どこで出やすいかを表示する、アートマドロップタイマーを作ってみました。 月、日、刻について属性が一致しているか、あるいは一致するまであと何分ぐらいか、をアートマごとに表示してくれます。
使い方は、ブラウザで公開ページを表示するだけです。ダウンロードは不要です。
月/日/刻の条件が複数一致しているアートマは特に出やすいそうなので、複数一致する時間帯を狙いつつやるのがいいと思います。

ちなみに、あらかた作ってしまった後で気づいたのですが、この手のをすでに作ってる人がもうおられるんですね^^;   まぁスクリプトの勉強になったからいいか・・・w


参考にしたもの(敬称略)


※2014.04.15追記:
何かよく調べてみたら時刻の属性の計算方法に二つの説があるようなのです。
  1. エオルゼアの暦法/FF14用語辞典に記載されている説
    こっちは1日が6刻、1刻が4時間になっていて、刻に属性が割り当てられています。
    一つの属性がエオルゼア時間で4時間続き、属性が一回りするのに24時間かかります。
    今まで公開していたものはこちらを採用していて、eLeMeN - FF14様で確認できる刻の属性もこちらに基づいています。
  2. FF14 Online Wiki/エオルゼア時間に記載されている説
    こっちは1日が4刻、1刻が6時間になっていて、時間に属性が割り当てられています。
    一つの属性がエオルゼア時間で1時間続き、属性が一回りするのに6時間かかります。
    アートマの迷信 確定版ではこちらの暦法を元に時刻の属性を見ています。
アートマのドロップが出やすい時期の判断方法の実績という観点ではFF14 Online Wiki/エオルゼア時間に記載されている方法に軍配が上がるような気がしますが、どちらの暦法が正しいのか私にはわかりません。
なので、これまでに公開したバージョンとは別に、FF14 Online Wiki/エオルゼア時間に基づいたアートマドロップタイマーも公開することにしました。相違点は時刻の属性の判断方法だけです。
もっともらしいと思われる方をご利用ください^^;

※2014.04.22追記:
以下の修正を行いました。
  • 星属性/霊属性の日はそれぞれ風雷火/土氷水の属性の星座のアートマが出やすいそうなので、そのようにアプリに反映しました。
  • エオルゼアの暦法/FF14用語辞典の暦法に基づいたバージョンのアートマドロップタイマーの公開を取りやめ、FF14 Online Wiki/エオルゼア時間の暦法に基づいたバージョンのみ公開することにしました。

2014年3月31日 (月)

★2耐久80素材のスキル回し

【はじめに】

パッチ2.2で実装されたクラフター用のアーティザン装備を入手するためには 高難易度製作の素材を製作しなければいけません。(これらの素材はEX属性つきなので、マーケットやトレードは使えません)
一応クラフターの端くれとして何とか製作する方法について悩んでいたのですが、一応安定して作れるようになりましたので、製作のスキル回しを公開してみます。
まだ改善の余地があると思いますが、とりあえずほぼ確実にHQが作れるようになりましたので私的には満足しています。

どなたかの参考になれば幸いです。


【製作対象の素材の諸元】

レシピのレベル Lv50 ★★
必要工数 419
最高品質 5257
耐久 80

【必要ステータス】

ステータス 備考
作業精度 359
加工精度 351
CP 387 マテリアを上限までつけてもこの値には届かないため、食事によるブーストが必要。

私が上記のステータスを実現するために使用した装備・食事は以下の通りです。

  • クラフター職別Lv55主道具
  • クラフター職別Lv55副道具(HQ品でマテリアなし)
  • クラフター職別Lv55防具(何れもHQ品で、マテリアは上限値まで装着)
    • 頭胴手脚足
  • クラフター共通防具・アクセサリ(何れもHQ品で、マテリアは上限値まで装着)
    • ラプトルマーチャントポーチ
    • エレクトラムチョーカー
    • レッドコーラルイヤリング
    • ミリシアリストレット
    • エーテライトリング
  • 食事
    • ブイヤベースHQ

【スキル回し】

以下が製作のスキル回しです。

なお、製作材料のすべてをHQ品で用意する必要があります。(※2014.04.12の追記を参照)

TURN 1 コンファートゾーン
TURN 2 インナークワイエット
TURN 3 倹約II
TURN 4 ステディハンドII
TURN 5 ヘイスティタッチ
TURN 6 ヘイスティタッチ
TURN 7 ヘイスティタッチ
TURN 8 加工
TURN 9 加工
TURN 10 工面算段II
TURN 11 模範作業II
TURN 12 模範作業II
TURN 13 模範作業II
TURN 14 グレートストライド
TURN 15 ステディハンド
TURN 16 工面算段II ※1
TURN 17 中級加工
TURN 18 グレートストライド
TURN 19 イノベーション ※2
TURN 20 ビエルゴの祝福
TURN 21 模範作業II
※1TURN 16で「最高品質」になった場合は、TURN 16の「工面算段II」とTURN 17の「中級加工」の順番を逆にして実行します。
※2TURN 19で「最高品質」になった場合は、TURN 19の「イノベーション」を飛ばしてTURN 20の「ビエルゴの祝福」から実行します。

【注意事項】

  • ヘイスティタッチを使用していますので、HQにならないことがある可能性があります。
    予算的な問題であまりたくさんは試せませんでしたが、一応は私が10回試した限りでは品質がすべて100%になっていました。
    問題はヘイスティタッチが全部失敗して高品質以上が一度も来ない場合に品質がどうなるかなのですが、そこまでは確認できていません。

    ※2014.04.08追記
    新クラフター装備の頭装備である「アーティザン・アンダーリムグラス」を装備してこのスキル回しでHQ品を200個ほど作ってみたところ、ヘイスティタッチが全部失敗したときにはHQ率が80%、2回失敗した場合は88%、それ以外は100%になっていました。
    このときのステータスは以下の通りで、職別Lv55頭防具を装備したときに比べて加工精度が+6ほど上がっています。
    • 作業精度:359
    • 加工精度:357
    • CP:345
    これにヘイスティタッチの成功率(ステディハンドIIを使用しているので80%)を考慮して総合的なHQ率を計算すると約98.69%になります。
    職別Lv55頭防具を装備したときにはこれよりやや低めになるはずです。きちんとした比較でなくて申し訳ありませんが、参考にしてください。

    ※2014.04.12追記
    錬金術師のアーティザン主道具の入手に必要な塩酸HQを作ろうとして、材料の硫酸をHQでそろえることが不可能なのに気付きました。もっと早く気づけよ私・・・orz
    材料がHQでなくてもスキル回し自体はできますが、当然ながら完成品のHQ率は下がります。
    ラノシア岩塩のみをHQにした場合、大雑把に計算すると約91%の確率でHQができるようです。
    私が実際にやってみたところ、56個製作してHQが50個で、計算結果からそれほど外れていない結果になりました。

    2014年3月22日 (土)

    FF14 マテリア装着費用計算機 v1.0 の公開

    2017年4月30日追記:
    新バージョンができました。新しいバージョンではブラウザで計算が可能になりました。
    ダウンロードやインストールは不要です。
    詳細はこちらを参照してください。

    Photo ギャザラー/クラフター装備用に、禁断のマテリア装着の装着順番と費用を計算するアプリケーションを作ってみました。
    Windows用で、右の画像が画面のサンプルです。

    禁断のマテリア装着で悩むのが、装着順番です。
    一般には高価なマテリアを先につけるのがいいのですが、マテリアよりもマテリラ、マテリラよりもマテリダを先につけたほうが成功率は高いため、そういった条件も考慮しなくてはなりません。
    更に、マテリガを1個つけるよりもマテリアを複数つけた方が結果的には安いということもあり得るため、果たして何をどういう順番でつけたらいいかを考えるのはすごく面倒な作業です。

    このアプリケーションは、マテリアをつけたい装備とマテリアの相場を入力すると、最もコストが安価で済む装着順番を計算してくれますので、ギャザラー/クラフター装備にマテリアをつけまくりたいという方にお勧めです。

    興味のある方はここからダウンロードしてみてください。
    事前に必要なものは以下のソフトウェアです。

    詳細はこちらからどうぞ。


    2014年3月22日追記:
    一部のブラウザでダウンロードしようとすると
    FF14MateriaCalc-v1.0.zipは一般的にダウンロードされておらず、危険を及ぼす可能性があります。
    とかいう警告がブラウザから出ることがあるようです。
    何でそんなんが表示されるのかとびっくりしたのですが、何かダウンロードの実績の少ないものをダウンロードしようとすると表示されることがあるようなのです。
    そんなん初公開だったらあたりまえじゃないかと文句を言いたいのですが、警告が出ないようにするにはサイト管理者からブラウザのサポートに申請してもらってコンテンツの内容を調べてもらう必要があるんだとか。
    サイト管理者ってこの場合某大手プロバイダなのですが、一応大手のプロバイダなんだけどそういう窓口も見当たらないし、ハードル高い・・・orz
    というわけで、上記のような警告が当面表示されることになると思いますが、決して危険なものでは全然ありませんので、無視してください。
    2014年3月26日追記:
    v1.1を公開しました。ダウンロードはこちら から、説明書はこちらからどうぞ。
    3月26日現在RidillワールドではコールマターG2よりG1が高値になっています。
    こういう場合、コールマターG1を敢えて所持品から外しておいて代わりにG2を持っておくと、マテリアをつけるときでも本来G1を消費する代わりにG2を消費するので、結果的にちょっとお得になります。
    V1.1ではこういった状況を考慮して計算をするように修正してあります。

    «学者のXHB・マクロ設定例

    フォト

    FF14時計

    •  

    リンク集

    最近のトラックバック

    無料ブログはココログ